リコーダー奏者吉嶺史晴と二重奏!キャンペーンの御案内(特典付き)


このキャンペーンではまず、レッスンを通して楽曲の理解と演奏技術向上を図ります。
そして仕上げとして吉嶺史晴が主宰するリコーダー教室の発表会に出演します。
二重奏の御相手は吉嶺史晴が務めさせていただきます。
国際的な演奏経験を持つ吉嶺史晴のリコーダーレッスン、そして共演は忘れ得ぬ時間となることでしょう!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


*2022年2月から5月までの期間でリコーダーレッスンいたします(対面またはオンライン)

*ルネサンス、バロック、現代のお好みのリコーダー二重奏曲をお選びください。

*レッスンの成果は5月29日に鹿児島市で開催される吉嶺音楽教室リコーダー発表会で披露します。
ここで吉嶺史晴との二重奏をお楽しみください。

*御希望があれば特典として練習のためのマイナスワン音源を制作し、進呈いたします。


◆レッスンは40分レッスンを3回、あるいは30分レッスンを4回のような形でお好みにあわせて調整することができます。
◆発表会は5月29日(日曜日)13時30分開演予定です。(場所:鹿児島市シティエラホール)
◆発表会当日は会場にて午前中リハーサルを行います。


*キャンぺーン参加費用は以下の通りです。
49000円(120分のレッスン、発表会参加費、音源制作費用を含みます)


*枠が埋まった時点でキャンペーンは締め切りとなります。御希望の方はお早目にお申込みください。
お問合せ
メール:nangokurecords@goo.jp


リコーダー奏者 吉嶺史晴(よしみねふみはる) プロフィール


東京学芸大学教育学部卒業・ブリュッセル王立音楽院修士課程(音楽理論・作曲)修了。
1992年、ベルギー政府給費留学生として渡欧。
1995年~1999年の間、フランダース・リコーダー・カルテットのメンバーとして世界各国にて400回以上の演奏会に出演。
ドイツ・グラモフォンを始めとするヨーロッパのレコード会社より6枚のCD制作に参加。
2001年に帰国し、鹿児島国際大学講師・吉嶺音楽教室代表として後進の指導に当たっています。


吉嶺史晴によるリコーダー二重奏(多重録音)の御紹介

J.S.バッハ アンナマグダレーナ小曲集より

W.A.モーツァルト 二重奏ソナタK.V.292

中西 覚 村の休日組曲

B.バルトーク 7つの二重奏曲


お問合せ
メール:nangokurecords@goo.jp